新着情報

2017年03月16日
顧問契約のメリットについて

経営者の皆様にとって、経営環境をとりまく法的リスクは、ますます深刻なものとなってきています。

 

法的リスクが顕在化する前に、事前に対策をしておくこと、予防法務がとても必要となってきています。

 

弁護士との顧問契約を締結しておくことによって、普段から早めに気楽に弁護士に相談することができます。

 

また、契約書の内容のチェックを弁護士に依頼することにより、未然に法的リスクを回避することができます。

弁護士としても、顧問会社の実情を詳しく知ることができ、その実情に即した解決方法を迅速に提案することができます。

 

さらには、残念ながら法的リスクが顕在化し、相手方との交渉が必要となった場合や訴訟などが提起された場合は、顧問弁護士がいることにより、迅速に対応することができ、貴社の利益を守ることができます。

 

顧問契約を締結していても、訴訟等の個別案件の依頼については、別途弁護士費用を申し受けますが、顧問でない場合に比べて、割安な費用設定をさせていただいております。

様々な法的リスクの中で、安定的な経営を目指すためには、案件ごとに、スポット的に弁護士に依頼するより、法律顧問として、弁護士を活用すべきです。